妊娠中のDHAの効果は?妊婦さんにおすすめDHAサプリはこれ

妊娠中 DHA

妊娠すると自分の身体のことはもちろん、お腹の子供への栄養面がとても気になりますよね。しかも自分が摂った食事の栄養が、へその緒から赤ちゃんに届く!なんて聞いたらなおさらです。妊娠中はいろんなことが不安になり、どうしても精神的に不安定になりがち。そんな不安はお腹の中の赤ちゃんにも届いてしまいます。

 

ママが健康的に過ごすためには、ストレスのない生活・バランスの摂れた食事が必要となりますがその中でも特に重要なのがDHAの存在!DHAにはママの精神面をサポートしたり、幸せホルモンであるセロトニンを分泌する効果がありますが、お腹の中の赤ちゃんの脳細胞を増加させたり、脳の発達を高める効果もあるので妊娠中は意識して摂取することをオススメします。

 

妊娠中や授乳中にしっかりDHAを摂取していると、IQの高い子供が産まれると言われています。DHAはサンマやイワシなどの青魚に含まれている脂肪酸。だからといってこれらをたくさん食べていても、必要量にはなかなか届きません。しかもDHAを含む青魚には水銀が含まれていることも多く、安全面で少し注意が必要です。

 

そんな時に便利なのが、DHAが含まれたサプリメント!素材や製造工程にこだわってることはもちろん、普段摂ることの難しい量のDHAをギュッと1粒に。そこに相乗効果のある栄養素をプラスすることで、もっと効果的に摂取できます。ママのストレスがなくなると、赤ちゃんもきっとお腹の中で喜びますよ♪自分のためにも子供のためにもぜひDHAサプリを1度お試しください。

 

森永 ママのDHAの特徴

脳に含まれるDHAは、胎児期(20週あたり)から2歳ぐらいまでの間で増えていきます。赤ちゃんはママからへその緒や母乳で栄養をもらうので、ママが摂る食事が大きく影響します。しかし食事が欧米化になり、ママが気をつけていてもDHAは不足してしまいます。そして調理法によってもかなり含有量は変わってきます。「森永 ママのDHA]は、1日3粒でDHAが350r摂取できます。小粒でソフトカプセル、においもほとんどないのでつわりがひどい人や粒状の物を飲み込むのが苦手な方にオススメです。

価格 964円
評価 評価5
備考 1日3粒 DHAが350r

 

赤ちゃんに届くDHAの特徴

母乳に含まれるDHAは、ママが日頃摂っている食事が大きく影響しています。意識してしっかり魚を摂っていても、煮たり焼いたりすれば含有量はグッと減少します。そんな不足分を「赤ちゃんに届くDHA」は、、1日3粒で350r摂取出来ます。水銀検査をしっかり行ったカツオとマグロの精製魚油を使用しているので赤ちゃんのためにも安心して摂取出来ます。妊娠期から授乳中にサプリを摂取することに抵抗がある方も多いと思いますが、赤ちゃんの発育には欠かせない栄養素ですし、余計なものは一切入ってないので赤ちゃんのためにもぜひお試しください。

価格 1.375円
評価 評価4
備考 1日3粒 DHA350r

 

ハグラビの特徴

妊娠中に摂るものは、お腹の子供にそのまま影響すると言われています。DHAやEPAは、子供の学習力を上げるのに必ず必要とされる栄養素で、母乳や粉ミルクにも豊富に含まれています。しかし栄養面に気をつけて食事をしていても、青魚に含まれるDHAやEPAはどうしても不足しがちに。そんな不足分をしっかり補える量のDHAとEPAが「ハグラビ」には配合。しかも体の隅々に十分行きわたるよう吸収力の高いクリルオイルを使用することで、アスタキサンチンやコラーゲンなどの美容成分もママの身体にしっかり浸透。1日3粒で約33円と経済的にも優しいので続けやすそうですね。ママはキレイではつらつと、赤ちゃんは健康で賢明であるためにぜひ一度お試しを!

価格 980円
評価 評価3
備考 1日3粒 DHA・EPA

 

 

 

妊娠中にDHAを摂取するメリットは?

 

妊娠中は体調を崩しやすく、メンタル的にも身体的にも妊婦さんはしんどい時期でしょう。そんな時でもDHAサプリメントを摂取しておくと、妊娠中のサポートになってくれるでしょう。DHAを摂取するといいと言われていますが、それはどうしてなのでしょうか。その理由について探ってみましょう。

 

●DHAが赤ちゃんに与える影響がいい
DHAは妊娠中にはぜひ摂っておきたい成分の一つです。それはDHAが赤ちゃんの脳の神経細胞を構成する重要成分でもあるからです。脳内の神経細胞は、胎児の段階で全部完成して生まれた後は増えていきません。そのためお腹の子供のためにいいものを取り入れたい!と思ったら、DHAは必要不可欠な成分です。DHAはお魚にも含まれていますが、食品から摂りきれないものです。そのため妊娠中はDHAサプリメントを利用して摂取していくといいでしょう。

 

●妊娠中のお悩みをDHAが解決!
妊娠中に摂取するといいと言われているDHAですが、どのようなメリットがあるからいいのでしょうか。以下のような場合が挙げられます。
・不安が少なくなる
・情緒不安定にならない
・イライラする事が軽減する

 

男性には決して理解しがたい事ですが、妊婦中は妊婦さんだけしか分からない不安やホルモンバランスの乱れ、体調の変化、環境の変化など様々な事が起こります。そんな中、DHAを飲んでいるとうつ病が緩和されるとも言われています。赤ちゃんがスクスク育っていくためにも、ママが過剰に不安になってしまう事や情緒不安定になってしまうといけません。

 

●寝れない
やっと眠れたと思っても足が途中でつってしまう事や胎動で起きてしまう事もあるでしょう。妊娠前と比べると妊婦さんは不眠に悩まされてしまう人が多いです。しかしこれもDHAサプリメントで緩和していけるでしょう。

 

妊娠中のDHAの摂取は副作用ない?

 

DHAを摂取していて、副作用の心配はないと言われています。そもそもDHAは何かというと、いわしや秋刀魚など青魚に多く含まれる脂肪酸の事です。体の中では脳の機能向上や視力向上や回復にアプローチしていきます。

 

●DHAってそもそも何?
DHAは脳の記憶や学習能力を司る海馬や目にも多く存在し、目で捉えた情報を脳でしっかり認識できるのはDHAのおかげでもあります。DHAには血行を改善する働きもあり、目に酵素や栄養が運ばれやすくなり、目の疲れや視力もだんだん回復していきます。

 

●DHAに大きな副作用はありません
DHAやEPAには大きな副作用はありません。副作用らしきものはほぼないといってもいいでしょう。魚に多く含まれるDHAやEPAも自然にあるものなので怖がる事はありません。

 

●病院で処方された薬を飲んでいる人は事前に確認を
もしもあなたが病院から処方された内服薬を飲んでいた場合で、DHAを飲みたい…という場合には、自己判断せずにまずは主治医に確認してから飲むようにしましょう。心臓や脳の病気をしたので良くしたいと思ってDHAを飲みたいけれど…という時、持病がある場合は必ず相談してから飲むべきです。

 

DHAは動脈硬化を防いでくれ、血液をサラサラにする効果も期待出来ます。そして血圧を低下させてくれるので、高血圧の人にも効果的でしょう。しかしもしも病院で他に血圧を下げる薬を飲んでいる場合、DHAと併用してしまう事でさらに血圧が下がってしまう恐れがあるので、これも医師に確認してから摂取するようにします。DHAを摂取する時は必ず記載されている通りの分量を守りましょう。過剰摂取すると鼻血が出てしまう恐れもあります。これはDHAには血液の流れを良くする働きがあるからでもあります。

 

妊娠中のDHAはいつからどれくらいの量をとればいい?

 

妊娠中にDHAを飲むとメリットが多いことからも、DHAを飲みたいと考える妊婦さんも多いですが、いつから摂り始めるのがベストなのか分からないというあなた。そんなあなたのために、今日はDHAはいつからどれくらいの量を摂ればいいのかについて、ご紹介していきます。ぜひご参考にしてみてください。

 

●DHAってどんな成分?
まずはDHAの成分とはどのようなものかご紹介していきます。DHAとはお腹の赤ちゃんの脳の発達をサポートしてくれる働きのある重要な成分です。妊娠や授乳中のお母さんも積極的に摂るべき成分とされていますが、いつからいつまで摂るとその効果が得られるのでしょうか。

 

妊娠初期の段階で、かなりのスピードで脳の発達が進み、妊娠中期6カ月頃には脳細胞のほとんどが出来上がると考えられています。理想としては、妊娠してから後期に入るまでしっかりDHAを摂る事です。

 

妊娠に気付いた頃にはすでに赤ちゃんの脳の発育も進んでいると考えられるので、妊娠を希望した時からDHAを意識的に多めにしていくといいでしょう。もちろん胎児の時だけでなく、生まれてから3歳くらいまでの間は脳も急激に発達していきほぼ完成するので、ミルクや母乳を上げている時でもしっかりDHAを摂取しておきましょう。もしもお母さんが赤ちゃんの脳の発育のためにDHAサプリを飲む時は、妊娠を意識し始めた頃から妊娠中・授乳中にDHAを飲んでおくのがベターです。

 

DHAは体調を崩しやすい妊婦さんの強い味方です。赤ちゃんの成長に役立つだけでなく、妊婦さんの健康サポートもしています。ママ自身の健康にも大きな影響を与えてくれるのです。生活習慣病を予防するなどの効果で知られているDHAですが、精神を安定させる効果やストレスを緩和する効果があります。睡眠の質を向上させる効果なども期待出来ます。妊娠中の女性はホルモンバランスの急激な変化に伴い、いつも以上にイライラしてしまう事や気持ちが不安定になってしまう事があるでしょう。

 

妊娠中にDHAと一緒に摂ると良い栄養は?

 

DHAをもっと効率的に摂りたいと考えているあなた。DHAと一緒に摂るのがおすすめの栄養もあります。DHAをもっと効率的にとりこみたい人はぜひご参考にしてみてください。

 


DHAやEPAをたくさん含んだ食品を日常的に取り入れる、サプリメントで補うなどDHA・EPAの摂取に気を配っている方が増えています。不足してしまうと様々な弊害を引き起こしてしまうDHAですが、しっかり摂っていれば健康な状態を保てるので、妊娠中は特に注目すべき栄養素です日本では最近欧米食の需要が高まり、魚の消費量は減ってきています。積極的に取り入れる事によって、さらに良い効果をもたらしてくれるでしょう。それではDHAの効果をさらに引き出してくれるものには何があるのでしょうか。

 

●ビタミンCで酸化防止
DHAは酸化しやすい物質です。いくら妊娠中にいいと言われていても、酸化したDHAが取り込まれるのは体にとっても悪影響です。そのためDHAサプリの中には、酸化防止剤を含んでいるものが多いです。しかしこれだと人工的であまり好印象ではないですよね。そこで必要なのがビタミンCです。ビタミンCと言えば抗酸化作用が有名です。DHAは美容医薬品においても積極的に摂り入れられている栄養素で、血液中の活性酵素と結合する事で体内も酸化から守ってくれるでしょう。ぜひ積極的にビタミンCとDHAを摂ってみてください。

 

【ビタミンCの多い食品】
・カリフラワー
・レモン
・いちご
・ホウレンソウ
・アセロラ
・ジャガイモ
・キウイフルーツ

 

ビタミンCと言えば主に果物や野菜に含まれていますが、調理するとせっかくのビタミンCも失われてしまうので、切らずに生のまま食べるようにするといいでしょう。

 

●ビタミンB群
納豆やナッツ類に豊富なビタミンB類も抗酸化作用が高いので、DHAと一緒にとると効果的と言われています。

 

ドラッグストアなど市販で買えるDHAサプリ一覧

 

DHAサプリメントは、ドラッグストアなど市販でも買えるものもあります。素晴らしい効果をもたらしてくれるDHAサプリですが、大手通販で買おうとすると高くて手が出ないこともありますよね。しかしドラッグストアなど市販であれば、少しは手が出やすいでしょう。そこで今回は、ドラッグストアで買えるおすすめのDHAサプリについてご紹介していきます。DHAサプリが気になっている人は、ぜひご参考にしてみてください。

 

●大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーフィッシュオイル(EPA/DHA)90T
大手会社の大塚製薬が出している有名なサプリメントです。
価格:1,573 円
一日1粒飲めばいいだけです。

 

●ファンケル DHAEPA 15日分
価格:907 円
・一日の摂取量:3粒

 

 

●小林製薬 ナットウキナーゼEPA/DHA 30粒
小林製薬は、テレビでCMを流すほどの会社なので信頼できるでしょう。
価格:1,033 円
1日の摂取量:1粒

 

●アサヒフードアンドヘルスケア60粒

 

●ファンケル DHAEPA 15日分

 

●DHAサプリに期待できる効果とは
・物忘れを防ぐ
・眠りを良くする
・血液をサラサラにする
血液の流れを綺麗にして、動脈硬化や心臓病を予防してくれます。

 

●うつ病予防
・中性脂肪を減らす
DHAの効果と言えば、まずは中性脂肪を減らす事です。これは病院の健康診断の時に数値で計測されているので、効果もしっかり実感出来るでしょう。

 

●終わりに…
DHAは精神的にも身体的にも効能が期待出来るもので、不眠気味の妊婦さんが摂取するのもオススメです。妊娠中は特に体調を崩しやすく、いつもと違う様子になってしまいがちですが、DHAを使っていれば体調が整い、様々なトラブルが回避していけると考えられるでしょう。市販のDHAであれば1000円で1〜2週間お試し出来るはずです。まずは身近なところからトライしてみてください。